×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOEIC ライティング

TOEICのライティングでハイスコアを取るためには、英語の論文を構造を知ろう!

TOEICのライティングにおいてハイスコアを取るためにはまず英語の論文には決まった構造があることを知る必要があります。私自身もアメリカの大学に入学し、最初の1年間はしっかりと英語の論文構造について勉強しました。なので、たとえ各々が勉強している専門の分野は異なっても基本的な構造は同じです。つまり、日本人の書いた論文とアメリカ人の書いた論文を比べると明らかにアメリカ人の書いた論文の方が論理的で基礎に徹底しています。これを理解しマスターすれば、英語で論文あるいはレポートを書くのが必ず楽になるでしょう。

 

英語の論文を書く際に、中には日本語の文章を1分1分翻訳する人がいます。しかし、先ほども言ったように論文には構造があります。つまり、 1分1分を丁寧に、そして忠実に訳してしまうと、全く意味の通らない文章に見えてしまうのです。最低でも訳す際は、 1つのパラグラフごとに訳すようにしましょう。

 

参考:TOEIC 単語 おすすめ